• ホーム
  • 私たちの想い:エネルギーの源泉

私たちの想いRegent spirits

chap.01

エネルギーの源泉

REGENT SPIRITS

地方への転職=あきらめや妥協ではない。ここでこそ拡がる可能性があります。

「転職」「採用」がゴールではありません。

転職を考える方が人材紹介会社にアクセスすると、まず尋ねられるのが、職務経験や希望職種、保有資格、給与や待遇といったスペックやスキルです。それに回答すると、抱えている求人案件の中からスペックに合致するものを、時には10数社の単位で紹介されます。いわゆるスペックマッチング、スキルマッチングという手法です。
しかし当社は、そういった機械的なマッチングは行いません。無論、大事な情報なので、経験や職種、待遇などについての希望は全てお聞きします。しかし、スペックやスキルを聞いて合致する求人を紹介するという手法は、転職希望者がハローワークや転職サイトなどの求人票を見て、自発的に企業へ応募する行為と、なんら変わりがありません。転職希望者が「転職すること」、顧客企業が「採用すること」を目標とするのであれば、一つの方法論として理解はできますが、私たちの見据えるゴールはそこではありません。「転職をされた方が新たな職場に定着し、自己の経験はもちろん、本来持っていた潜在能力まで全て発揮して、活躍できているか」「新たな人材力を加えたことで、顧客企業は課題を解決し、事業を前進させているか」。これがリージェントの目指す到達点です。

「面談スキル向上に注力しています。

「活躍」や「成功」の物差しは、人によって異なります。世の中に営業経験者は大勢いますが、常に顧客と向き合い、丁々発止で顧客の要望を叶えることに意義を見出す方もいるでしょう。一方、同僚と力を合わせ、部下を叱咤激励し、チーム全体で高みに進むことに価値を置く方もいるでしょう。転職希望者が何を考え、何を大切にしているのかが理解できなければ、「活躍すると確信できる場所」は紹介できません。
そのため私たちは、徹底して面談スキルの向上に努めています。社内では定期的に面談トレーニングなどの研修を実施。これを始め、全国に広がるリージョナルスタイルのトレーニングや面談技能大会にも参加、上位入賞を果たしています。また転職サイト・リクナビNEXTに登録する転職エージェント約470社の中で、当社はカウンセリング対応満足度部門において全国1位(第15回転職エージェントランキング/2015年10月~2016年3月)を獲得しています。

転職希望者の本音にアプローチします。

こうした努力の全ては、転職希望者の意欲はどういう時に高まるのか、何に価値観を感じるのか、エネルギーの源泉はどこにあるのかを、しっかりと理解するためです。仮に転職希望者が、面談で本音をすっきり語れなかったとしたら、面談のプロとしてそこまでのアプローチができなかった、私たちの力不足によるものです。
面談ではまず、キャリアコンサルタントである私たちが信頼に足る人物か、「この人になら何を言っても大丈夫」と腹を割る気になるか見極めてください。私たちはキャリアコンサルタントを名乗っていますが、上から目線で転職希望者のみなさんに、どこかで聞いたようなお題目を唱えるつもりはありません。仕事を軸に、あなたの人生と、本音で向き合います。 面談を重ねる中で「こんなに自分のことを理解してもらったのは初めてです」という声をいただく事も度々ですが、私たちにとってこれほど嬉しい言葉はありません。