スタッフブログStaff blog

◆ポータブルスキルの重要性

こんにちは。四国の転職エージェント リージェントの加地です。
先日の西日本豪雨の影響により、愛媛県においても大きな被害が発生致しました。

お亡くなりになられた方々のご冥福をお祈り申し上げますとともに、
被災された皆様、関係者の皆様に心よりお見舞いを申し上げます。
皆様の安全と一刻も早い復旧を心よりお祈り申し上げます。
微力ながら、当社としても、できる限りの支援活動をさせて頂く所存でございます。

先日、ある方からのお誘いを受けまして、講演をさせて頂きました。
テーマは「いつの時代も売れる人財とは」です。
何とも直接的なタイトルですが・・・(苦笑)

価値観は多様化し、豊かさの定義も変わりつつある現代社会において
価値観・ニーズは変化をし続けているが、常に求められている人財は変わらない。
それは何か?ということがテーマでした。

私たちは日々、転職を検討されている方々からの相談を受けているのですが
その中で、「○○の資格を持っている」「○○の知識・経験を持っている」といった
アピールをして頂くことが多く見られます。
これらはテクニカルスキルと呼ばれるもので、専門知識・専門技能・資格といった
特定の業界や職種で必要とされる能力となります。
これはこれで、大変素晴らしいスキルであるのですが、限られた領域でしか
求められない、あるいはイメージできないといったことになりがちです。

その一方で、特定の業種・職種、そして時代背景にとらわれない能力として
重要視されているのが、ポータブルスキル(持ち運び可能なスキル)です。
対課題面に対する「状況把握力」だったり、対人面に対する「折衝調整力」だったり
これは、様々な解釈もあることから、端的に表現するのが非常に難しいのですが
企業は、いつの時代もポータブルスキルが高い人財を求めています。

私の個人的な解釈で、大変恐縮ですが、あえて、わかりやすくまとめるとすると
対課題面に対しては、「課題をしっかりと捉え、その解決に向けた案を考え、
最後まで、あきらめずやりきることができる」こと。
対人面に対しては、「関わる人達と信頼関係を構築し、人と協働し、リーダーシップを
発揮することができる」ことになるのではないかと捉えています。

ここで言うリーダーシップとは、経営者や管理職のことを指しているのではなく
それぞれの年齢や立場に応じて、発揮する影響力のことを指しています。

いつの時代も、人々は課題に向き合い、関わる人達と協力し合い、乗り越え続け
その結果、成長をして、現代の社会に発展を遂げてきたと思っています。
テクニカルスキルは、時代により大きな進化を遂げ、これからも、どんどん変化し
進化していくことでしょう。

このテクニカルスキルを生み出す源泉こそがポータブルスキルであり
ポータブルスキルは、いつの時代も変わらないスキルであり
いつの時代になっても求められるスキルなのではないかと、私は考えています。

※香川の転職ならリージェントが運営する「リージョナルキャリア香川」、
 愛媛の転職ならリージェントが運営する「リージョナルキャリア愛媛」へ是非ご相談ください。

◆相談会情報はこちらから⇒最新相談会情報(香川)
            ⇒最新相談会情報(愛媛)


◆7月1日(日):香川県主催/UJIターン就職・転職セミナーのご報告

香川の転職エージェント リージョナルキャリア香川の溝渕です。
先日7月1日(日)、香川県主催の「UJIターン就職・転職セミナー」を
東京都千代田区のふるさと回帰支援センターで開催しました。
梅雨明けの東京は最高気温が33℃を超える暑さの中、
香川県へのUJIターンを検討されている多くの方々がご来場くださいました。



当社から代表の加地が講師として登壇させていただき、
香川県へUJIターン転職を実現した方々のインタビュー映像を交えながら、
転職成功事例や失敗事例、香川県の転職マーケットや企業の風土、
そして、香川県でのライフワーク等についてお話をさせていただました。

セミナー終了後は個別面談会(事前予約)として面談ブースを設け、
弊社のコンサルタント数名でUJIターンに関するご質問やご希望をお聞きし、
遠方からの転職活動の仕方や求人情報等、詳しい情報共有をさせていただきました。

「今すぐではないけれど将来的にUターンを考えている」
「今の経験を活かせる求人が地元にあるのか」
「災害が少ない香川県へIターンしてしっかり腰を据えて働きたい」等と
様々なご要望をお聞きしながら、情報収集に苦労されていることを改めて感じ、
この機会に直接お会いして、現状をお伝えできて良かったと思っています。

参加してくださった方々からは、
「仕事さえ見つかったらやはり東京より地元がいいと改めて感じた」
「香川県への転職事情や環境を総合的に知ることができ、転職活動の意欲が高まった」等の
ご感想をいただきました。
終了後は、安堵と感謝の気持ちと同時に、
これから転職活動を始められる皆様のお力になれますよう、
身の引き締まる思いがいたしました。
改めまして、セミナー及び個別面談会にご参加くださった皆様、ありがとうございました。

次回は9月1日(土)に開催を予定していますので、
香川県へのUJIターンにご興味をお持ちの方はぜひこの機会にご参加ください。
-------------------------------
セミナー詳細情報・予約はコチラ⇒https://www.r-regent.jp/uji/
-------------------------------

※香川の転職ならリージェントが運営する「リージョナルキャリア香川」へ是非ご相談ください。


◆来週は...七夕ですね。

こんにちは。
リージェントの小川です。

今年も半年が過ぎてしまいました...
時間の感覚が年々早くなり続けて、それは気持ち悪さを覚えるほど...(笑)

75歳の面白い小父さんに「ねぇ時間ってまだ早くなるん?」と聞いてみたら、
「なる!」即答されてしまいました。信じ難いけど、そうなんでしょうね。
1年を長いと感じていた子どもの頃を懐かしく思います。

先日TV放送のあった『かぐや姫の物語』
絵本で読んだかぐや姫とは違っていて、何か不思議な気持ちがしたのと、
ジブリ映画の中でも雰囲気の異なる優しいタッチで描かれた絵が
リアルな画質のアニメよりも、私には表情豊かで魅力的でした。

「かぐや姫はいったい何故、何のために地上にやって来たのだろうか」

高畑監督が抱いた疑問からこの物語が始まったそうです。
"かぐや姫"を"自分"に置き換えてみたりなんかして...
テーマが壮大すぎてブログが書けなくなりそうです。

ですが、「いったい何故?」「何のために?」という単語、
この仕事をしていると聞かない日はありません。
転職を考えている方、採用をしたい企業について、
コンサルタントが会話をしているのは
「いったい何故?」「何のために?」という話。

人も会社もどこを目指していて、どうしたいのか。
たくさんの希望をサポートしたい。
そんな想いでコンサルタントは日々トレーニングをしています。

皆さんのこれまでのこと、これからのこと、
もし宜しければ一度ご相談にいらして下さいね。

来週の週末はちょうど七夕。
かぐや姫の物語をもう1回観て、
笹飾りの短冊に願いと希望を書いてみましょうかね。
みなさんの7月7日が素敵な一日となりますように☆彡


セミナー開催のお知らせ予約受付締切6/29(金)】~

今週末7月1日(日)に、香川県主催:UJIターン転職セミナーを東京にて開催します。
こちらのセミナーは、香川県UJIターン就職・転職支援事業を
当社が香川県庁より委託を受け運営をするものであり、
どなたでもお気軽にご参加いただけます。 残席残りわずかです。
参加無料ですので、是非お気軽にご予約のうえお越しください。

詳細・予約はコチラから⇒https://www.r-regent.jp/uji/
 

※香川の転職ならリージェントが運営する「リージョナルキャリア香川」へ、
愛媛の転職ならリージェントが運営する「リージョナルキャリア愛媛」へ是非ご相談ください。


◆地方だからこそ、新しい働き方の可能性に挑戦したい

リージェント 四ノ宮です。
私は大阪オフィスから関西圏に住む方々の四国へのUIターン転職をご支援しています。

面談で大阪オフィスに来て下さった多くの方が、
「大阪で四国UIターンのことについて相談できる場所があるなんて!」とびっくりされます。
そんなお声を聞くととても嬉しくなりますし、足を運んでくれた機会には
最大限の情報提供をしたい、と私の気持ちも強くなります。

いつも最新の状態で四国の求人情報を保っておくために、弊社では大阪オフィスと本社の
リモート環境を整備して常にリアルタイムでの情報共有が可能になっています。

毎日の朝会には在宅勤務メンバーもリモート接続で参加をして、
みんなそれぞれがお互いの顔を見ながら最新の情報共有を行っています。

遠くにいながらも同じオフィスに居るかのように働ける環境を冷静に見ると、
IT環境の進化は確実に私たちの働き方を変えていると実感します。
私の場合だと関西で暮らしながら「四国にいるかのように」働いているのです。
こうしたスタイルには今後地方都市が人口減少と戦っていく上で新しい可能性を持っていると感じます。
地方が労働力を確保し続けるためには多くの挑戦が必要となるはずです。

面白い仕事は地方でこそできる。
そう信じる私たちがリモートワークのみならず、ダブルワーク、シェアワークなど、
新たな働き方を企業に提案していくことも重要な役割だと心得ています。
だからこそ弊社では自社を実験台として、新しい働き方の構築に積極的に取り組んでいます。
そして四国内ではもう既にこうした取り組みを取り入れている企業もあるのです。

***

縁があって四国で働きたいと考えているみなさま。
従来の働き方に捉われず、こんな風な働き方ができると嬉しい!こんなことを実現してみたい!
色々と自由な意見をお聞かせください。
地方だからこそ、一緒に新しいことに挑戦したいと考えています。

ご意見お待ちしています!


~お知らせ~
7月1日(日)に、香川県主催:UJIターン転職セミナーを東京にて開催します。
こちらのセミナーは、香川県UJIターン就職・転職支援事業を
当社が香川県庁より委託を受け運営をするものであり、どなたでもお気軽にご参加いただけます。
残席残りわずかです。参加無料ですので、是非お気軽にご予約のうえお越しください。
詳細・予約はコチラから⇒https://www.r-regent.jp/uji/


※香川の転職ならリージェントが運営する「リージョナルキャリア香川
※愛媛の転職ならリージェントが運営する「リージョナルキャリア愛媛



◆ピンチをチャンスにする

梅雨に入り、雨が多くなってきましたが、香川にとっては恵みの雨。
みなさま、いかがお過ごしでしょうか?


仕事をする中で伝えられる教訓の一つとして、「ピンチはチャンス」とはよく言われたもので、
私は、やばいなというシーンに出くわす度に、よくこの呪文を唱えています。笑
その当時は、本当にチャンスだと思えないことも多々あるのですが、
過ぎてみれば、ピンチの時は本当にチャンスだったなと思うことが不思議と多いのです。

そして、そのピンチの乗り越え方が、その後の成長に大きく影響するなと感じるので、
今日は「ピンチをチャンスにする」ついて、感じていることを書きたいと思います。

私は面談の中で、その人が感じたピンチだと感じた瞬間の話をお聞きします。
それには理由があります。

どんな事象をピンチだと感じて、それをどう考え、どう乗り越えたか、
また今それをどう思っているかということを聞けば、
その人の考え方や価値観のひとつが見えてくるからです。

根本にある価値観や性格は、経験を積み、生きていく中で醸成され、
一度形ができると、よほどの意思を持たない限り、ちょっとやそっとでは変わらないものです。
例えば、絶体絶命のピンチに陥った原因を、自分が周りに対して発する感謝が足りないと自覚し、
心を入れ替え、周りを大事にすることでピンチを乗り切れた人は、
「人に感謝を忘れない」という忘れ難い教訓を得ているものです。
逆に、ピンチの時に、自分ではなく、何か他のモノのせいにして逃げ切ってしまった人は、
その後、事象を変えて向かってくるピンチに対して、また何かのせいにしてしまいがちです。

失敗するという経験は誰にでも起こりえることですが、
その経験をどう考えて進んでいくかは、その人次第です。
そして、更にいうと、過去を振り返り、その経験を自分の中で、
どのように評価しているかも、重要な価値観が現れるところのように思います。

私が思う「ピンチをチャンスにする」秘訣は、ただ1つ。
1にも2にも、「他責」にものごとを考えないこと。

誰かのせいにするのではなく、自分事としてどうとらえるか。
結果として、失敗という結果だったとしても、その結果そのものよりも、
その時、自分はどのように考えたか、またどのように行動したか、
最後に、その経験をどう振り返ることができるのかが重要ではないでしょうか。

あまり考えすぎると病気になってしまいそうなこともありますし、
追い込みすぎて、体を崩してしまっては何にもならないので、
それをやっていいレベル感はそれぞれあるように思いますが、
いつでも多くのピンチをチャンスにしていきたいものです。

目の前のピンチをチャンスだと捉えたいけど、
見えなくなってきてしまった。という方のご面談依頼もお待ちしています。
※我々は、転職勧告が仕事だとは思っていませんので、そんなご相談でもOKです。

※香川の転職ならリージェントが運営する「リージョナルキャリア香川」へ、
愛媛の転職ならリージェントが運営する「リージョナルキャリア愛媛」へ是非お気軽にご相談ください!
◆相談会情報を随時更新中です。こちらも要チェック!!⇒最新相談会情報(香川)
                         ⇒最新相談会情報(愛媛)