BLOG

◆四国へのUIターン転職成功者が感じた課題と、その向き合い方

こんにちは。四国の転職エージェント、リージェントの田中です。
コロナ禍の長期化などの要因も相まって関心が高まっている地方へのUターン・Iターン転職。これらはつい良い面ばかりに目が行ってしまいがちですが、何事にも見方によって良い面・悪い面があるように、地方への移住や、地元へのUターン転職にも当然、デメリット(課題に感じること)があるものです。
今日は、四国へのUIターン転職を希望する方は、具体的にどのような課題を感じているのか?また、実際にUIターン転職を成功させた方はこれらの課題とどのように向き合っているのかに焦点を当て、UIターン転職成功へのカギを探っていきます。

価値観や考え方、家庭環境などの背景はそれぞれであり、何をメリットと捉えるか、デメリットと捉えるかは人によって変ってきますので一概には言えませんが、地方へのUIターン転職では一般的には以下のようなメリットが挙げられます。

・両親の近くに住むことで安心感がある。介護支援、子育ての援助等が可能に。
・都会の喧騒から離れ、自然豊かな地で子育てができる。
・満員電車等での通勤負担等、都会で感じるストレスが少なくなる。
・ワークライフバランスのとれた生活ができる。

地方へのUIターンを考える方の多くは、「都会で住み続けるイメージが持てない」「環境の良い土地で子育てをしたい」「ライフステージの変化により両親の近くに住みたい」という想いが背景にあるため、これらを実現できる点がUIターン転職のメリットと捉えられることが多いです。では一方で、どのような点に課題を感じているのでしょうか?

四国へのUIターン転職希望者が感じる課題

①自分の経験が活かせる企業やポジションがないのではとの懸念
これまで自分が培ってきたキャリアやスキルが活かせる企業が、地方にあるのだろうか?という心配の声は非常に多く聞かれます。都心部には様々な業界の企業や幅広いポジション、キャリアがありますが、地方ではどうしてもこれらが限定されてしまいます。求人サイトで自身の経験が活かせる求人を探しても、勤務地を地方に絞るだけで該当する業界の企業自体が無かったり、求人を見つけても数が非常に少なかったりと、選択肢の幅一気に狭まる場合があります。

このような心配事の背景には、「地元を離れていたため、地元の企業のことがわからない」というものがあります。そのため、実は知らなかっただけで自分の経験が活かせる企業とのベストマッチングができたという例も多くあり、私達がご紹介した際には「こんな素晴らしい企業が四国にもあったんですね」という驚きの声をいただくことも。
その他、企業戦略上どうしても求人サイトなどに公開することのできない非公開求人で、見事にキャリアを活かしたポジションで入社できたというケースもあります。また、私達転職エージェントと対話し、自身のキャリアの棚卸をしたことで自分でも気づけなかった強みやポータブルスキルを見つけ、異業種や異職種へのキャリアチェンジを果たして活躍されている方もいらっしゃいます。これらは、地方では自分のキャリアが活かせるところがないと最初から決めつけて諦めるのではなく、視野を広げて様々な可能性を模索した結果だと言えるでしょう。

②年収に差がある
都心部と地方とでの賃金に格差があることは皆さんも周知の事実かと思います。経済の中心である都心部には多くの企業、優秀な労働力等が集積するため生産性が向上し、賃金の上昇がもたらされると言われています。弊社での転職支援の実績をみても、都心部から四国へのUIターン転職では平均して2割程度、年収が下がるという結果になっています。

もちろん、一概に下がってしまうのではなく、大手企業での経験やスキル、マネジメント力等が高く評価され、地場企業での幹部として迎え入れられるなど年収アップを実現された方もいらっしゃいます。また、地方では家賃をはじめとしたランニングコストを抑えられるため、年収は下がってしまったけれどその分支出も下がり、生活水準に差は感じないという声も多いです。
満員電車での長時間通勤・長時間労働などの働き方を変えたいという想いの方は年収よりもワークライフバランスを重視されますし、地元四国の企業で地域貢献がしたいという強い意思を持って転職を決断される方もいらっしゃいます。その他、入社後の活躍による昇給モデルなどもしっかりと考慮し、生涯年収という長い目で見たうえで納得して入社を決められる方も多いです。このように転職成功者は、目先の年収だけにとらわれず、それぞれの価値観と照らし合わせて「何を一番大切にしたいのか」に軸を置いた判断をされています。

③最新の情報に触れられない
これは実際に転職をして四国へUIターンしてきた後のフェーズの話になりますが、多くの方が都心と地方とでの情報のスピードや機会の数に大きな差を実感しているようです。特にWeb系やマーケティング、新規事業などに携わっていた方を中心に、多くの方が情報量の違いに課題を感じています。都心部では日々最新の情報やトレンドに触れる機会が溢れており、自然と新しい情報が入ってきますが、地方ではそういった機会がぐっと減ってしまいます。

地方では待ちの姿勢では変化が起こりにくく、自らが意識して能動的・積極的に情報を収集する姿勢が必要とされます。そのため、転職成功者の多くの方が常にアンテナを広く張り巡らせ、インターネットやSNSなどを活用して最新の情報をキャッチアップしています。また、積極的に人との出会いやネットワークを広げる機会を創り出すなど、自分から人と繋がる努力をする等して、こうした課題に意欲的に向き合っているのです。



UIターン転職成功者に共通すること

見事、四国へのUIターン転職を果たして自身の想いを実現された成功者の方達は、共通して「なぜ自分は地方へのUIターンを選択したのか」という確固たる核心が、一本の筋としてあると感じます。また、悲観的にならず明るく前向きであることも印象的です。様々な課題がある中で、それでも自分は地元に帰るのかと落ち着いて自身と向き合う事ができているからこそ、課題も含めて自身の想いを昇華できているのではと感じます。

弊社では、このようにUIターン転職を成功された方へのインタビュー記事を公開しています。転職を考える上で実際の転職成功者の体験談は、非常に貴重な財産です。私自身も香川へのUターン経験者なのですが、Uターンを考え始めた際にはインターネットで体験談を検索し、読み漁ったものです。これらの体験談を読むことで具体的なイメージを掴むことができますし、想いや気持ちなどの内面にふれることで新たな気づきもうまれるのではないでしょうか。自身の価値観を多角的に見つめ直すきっかけにもなるかもしれません。これからも四国への転職希望者の皆様の役に立つ、価値あるコンテンツを発信していきたいと思っていますので、是非参考になさってくださいね。

【四国ならではの「働く」価値とは】
リージェントコラム

※以下、弊社運営サイトが開きます。
【転職成功者インタビュー リージョナルHERO】
リージョナルキャリア香川
リージョナルキャリア愛媛
リージョナルキャリア徳島