BLOG

◆四国エリアで、採用ニーズが増え続けている社内SEポジション。

こんにちは。四国へのUIターン専門転職エージェント、株式会社リージェントの加地です。

このブログを書いているのは2月20日。
ここ四国エリアでは、昨日までは、とても寒かったのですが
今日はポカポカ日和で春のような雰囲気。
でも、また週末にかけて寒くなっていくようですね・・・。
寒暖差が激しい日々が続いていますので、皆さんも体調管理にはお気をつけください。



さて、今回は社内SEのポジションについて書きたいと思います。

タイトルの通り、ここ四国エリアでも社内SEを求める企業が増え続けており
本日現在で、約60件もの社内SEの求人ニーズが、当社にも寄せられています。
(全て、四国本社かつ四国勤務の求人案件となります)

全国的に、IT化を推進する動きが加速する中、当然の流れと言えば当然なのですが
この流れは都市圏に限ったことではなく、地方、ここ四国でも同様の動きになって
きていることをお伝えしておきたいと思います。

特に、今までは情報システムや社内SEといったポジションを社内に配置していなかった
中小企業におけるニーズが顕著になってきていることが窺えます。
経営者の方々と会話をしていると、今までは社内にIT人材を配置する必要性を感じておらず
IT企業に頼っていれば良かったが、そうもいかなくなってきた・・・という声を耳にします。

その中でも、各社の課題感として窺えるのが、経営戦略=IT戦略になってきていること。
スピード感・人口減少社会における働き方改革の推進・経営効率化などが背景になっており
なかでも、メーカー系の企業が多い印象を受けております。
この動きは、しばらくは続くでしょうし、より加速化すると言った方がよいかもしれません。

このように時代背景や社会情勢の変化によって、企業の求人ニーズにも変化が発生します。
そういった意味では、社内SEで四国へのUIターン転職を検討している方々にとっては、
今はチャンスの時期であると言えるかもしれません。


筆者プロフィール

国家資格キャリアコンサルタント

加地 盛泰Kaji Moriyasu

愛媛県四国中央市出身。専修大学法学部を卒業後、大手旅行会社の勤務を経て、東京から四国へU ターン。株式会社中四国リクルート企画(リクルート100%出資)に入社し、以来、「新卒採用」「中途採用」「社員教育」「人事制度構築」などHRM 領域全般に携わる。株式会社リクルートに転籍後は、HRカンパニー地域活性営業部、中四国グループ、四国グループのゼネラルマネジャーを歴任し、2011年に同社を退職。2012年、株式会社リージェントを設立。現在は、候補者向けの転職コンサルティング、企業向けの採用コンサルティングや人材育成トレーニング活動などに携わっている。